トヨタとホンダが合併する日… : 自動車業界再編成への序章

山下 雄璽郎【著】〔ヤマシタ ユウジロウ〕

GMのサターン計画(小型車戦略)が具体化する90年代初めには、年間200万台もの自動車が生産過剰になる。供給過剰と競争の激化で価格が下がり、世界的規模での業界再編成が見込まれる。勝者として生き残るためには何をなすべきか?どこの自動車メーカーが勝つのか?21世紀に向けての自動車業界の行方を占うビジネスマン、学生必読の書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生き残り戦略への幕明け(火花散らすGM対日本勢
  • 動乱の北米市場をみる)
  • 第2章 隠されたGMの正体(GMの退潮は本当なのか!?
  • GMの野望をみる)
  • 第3章 GM"四つの近代化"の秘密(社運を賭けての組織改革
  • 野望を秘めた多角化戦略
  • サターン計画の全貌
  • 労使関係への挑戦)
  • 第4章 様変わりする国内流通市場(「トヨタ王国」への地歩固め
  • 新しいクルマづくりへの挑戦)
  • 第5章 押し寄せる業界再編への波(生き残りを賭けた国内各社
  • トヨタ-ホンダの合併が…)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トヨタとホンダが合併する日… : 自動車業界再編成への序章
著作者等 山下 雄璽郎
書名ヨミ トヨタトホンダガガツペイスルヒ : ジドウシヤギヨウカイサイヘンセイヘノジヨシヨウ
出版元 コスカ出版
刊行年月 1987.1.22
ページ数 223p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4876510059
NCID BA64655932
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想