定期健康診断の生かし方 : 働きざかりが10年伸びる

後藤 一彦【著】〔ゴトウ カズヒコ〕

「定期健康診断」は、ビジネスマンにとっては、1年に1回必らず受けているはずである。それにもかかわらず、検査成績はあまり活用されていないようである。本書は、定期健康診断の後始末がきちんと行なわれていない現状を憂慮し、検査成績の正しい読み方を実に克明に、そして気楽に読みながら、いつの間にか理解させてくれる本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定期健康診断はなぜ必要か
  • 第2章 検査数値から発見される異常(1)
  • 第3章 検査数値から発見される異常(2)
  • 第4章 スポーツの前のメディカルチェック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定期健康診断の生かし方 : 働きざかりが10年伸びる
著作者等 後藤 一彦
書名ヨミ テイキケンコウシンダンノイカシカタ : ハタラキザカリガジユウネンノビル
シリーズ名 ビジネスマンシリーズ
出版元 筑波書林
刊行年月 1987.1.30
ページ数 249p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4885320259
NCID BN01255862
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想