ここまできた早期発見・早期治療 : 子どもの健康と病気

沢田 淳【編】

赤ちゃんが生まれる前から、中学校卒業までの各時期にどのような問題があり、そのためにどのような検査が必要であり、それはどういう異常や病気の発見に役立ち、どのような治療へつなげられるか。京都府立医科大学産科、小児科、耳鼻科、眼科、皮膚科の総力を結集してはじめてできた決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生まれる前に-健康な子を生むために
  • 2 出産-特に胎児監視を中心として
  • 3 新生児期-子宮外での生活への適応
  • 4 乳児期-歩き始めるまで
  • 5 幼児期-健診を生かして
  • 6 学童期以後-重い病気になる前に
  • 7 予防接種
  • 8 子どもの眼科
  • 9 子どもの耳鼻科
  • 10 子どもの皮膚科

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまできた早期発見・早期治療 : 子どもの健康と病気
著作者等 沢田 淳
沢田 淳
書名ヨミ ココマデキタソウキハツケンソウキチリヨウ : コドモノケンコウトビヨウキ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1987.1.20
ページ数 253p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4623017249
NCID BN02971356
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想