フェミニストセラピー

河野 貴代美;小柳 茂子;平川 和子;山崎 礼子【著】

"すべき"なのか"したい"のか、様々な葛藤の中で揺れ動く女たちが自らを語り、知り、やがて、脱皮してゆく。彼女たちを信じ、受け入れ、人間関係というダイナミズムを通し展開される、フェミニストセラピー"なかま"の新しい胎動!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分に出会う
  • 2 フェミニストセラピィ"なかま"の開設
  • 3 女性であること
  • 4 事例のなかに探る(自分という人間を知りたいと訴えた強迫神経症の女性
  • 独立願望と罪悪感のあいだをいったりきたりする女性
  • 結婚問題を機に自我同一性のゆれに直面した女性
  • はみだし者の自分を受け入れて歩きだした女性)
  • 5 事例をとらえる理論的背景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フェミニストセラピー
著作者等 小柳 茂子
山崎 礼子
平川 和子
河野 貴代美
書名ヨミ フエミニストセラピ-
出版元 垣内出版
刊行年月 1986.12.25
ページ数 304p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想