文学における子ども : 梅光女学院大学公開講座論集  第20集

佐藤 泰正【編】

[目次]

  • 子ども-「大人の父」(向山淳子)
  • 児童英語教育への効果的指導-言語習得の観点から(伊佐雅子)
  • 『源氏物語』のなかの子ども-その形象と役割(武原弘)
  • 芥川の小説と童話-その子ども観をめぐって(浜野卓也)
  • 近代詩のなかの子ども-八木重吉と中原中也(佐藤泰正)
  • 外なる子ども内なる子ども(いぬいとみこ)
  • 「内なる子ども」の変容をめぐって-いぬいとみこの動物物語・4部作の場合(高橋久子)
  • 象徴としてのこども(荒木正見)
  • 子どもと性教育(吉沢暁)
  • 自然主義的教育論におけるこども観(吉岡正宏)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学における子ども : 梅光女学院大学公開講座論集
著作者等 佐藤 泰正
書名ヨミ ブンガクニオケルコドモ : バイコウジヨガクインダイガクコウカイコウザロンシユウ : 20
シリーズ名 笠間選書 155
巻冊次 第20集
出版元 笠間書院
刊行年月 1986.12.10
ページ数 188p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想