電子回路の基礎と解析

唐島 照介【著】〔カラシマ ショウスケ〕

エレクトロニクスの基礎講座の第2巻としての本書は、各種の高度な回路や、それらを利用したコンピュータ、そして情報通信などを理解していくための基礎をあたえるものである。そのために、あまり高級なエレクトロニクスの原理や、回路解析にはふれず、最も基本的なことを中心として述べてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 直流回路
  • 第2章 交流回路
  • 第3章 四端子回路の解法
  • 第4章 分布定数回路の解法
  • 第5章 過渡現象
  • 第6章 ラプラス変換、フーリエ変換と回路解析
  • 第7章 ダイオードの基本回路
  • 第8章 トランジスタの基本回路
  • 第9章 発振回路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子回路の基礎と解析
著作者等 唐島 照介
書名ヨミ デンシカイロノキソトカイセキ
シリーズ名 基礎エレクトロニクス 2
出版元 マグロウヒルブック
刊行年月 1986.12.20
ページ数 196p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4895011054
NCID BN00884126
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想