似島(ニノシマ)原爆日誌 : 若き軍医の回想録

錫村 満【著】〔スズムラ ミツル〕

1945年8月6日、若き陸軍軍医少尉は、安芸小富士の右肩に巨大な火柱を見た。その直後から、似島はおびただしい被災者の群れにおおわれた…。似島の検疫所第13病棟の30日を、医師の目をとおして精緻な筆致で綴った克明な記録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 炸裂
  • 2 紫斑病
  • 3 外科医の死
  • 4 病理解剖
  • 5 長崎に第二弾
  • 6 敗戦
  • 7 戦友の発病
  • 8 往診
  • 9 防疫
  • 10 桃色の瓦
  • 11 太田川
  • 12 さらば広島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 似島(ニノシマ)原爆日誌 : 若き軍医の回想録
著作者等 錫村 満
書名ヨミ ニノシマゲンバクニツシ : ワカキグンイノカイソウロク
出版元 汐文社
刊行年月 1986.12.15
ページ数 219p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01456514
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想