風雪の叫び : 被差別部落の古老(せんぱい)に学ぶ

長野県同和教育推進教員の会【編】

雪深い北信濃路の被差別部落の人びとが、寒風吹きすさぶ佐久や松本平の被差別部落の人たちが、みずからの被差別体験や解放運動の闘いについて語ってくれました。今、解放子ども会に参加している大部分の子どもたちは、自分の生活体験の中で、直接、部落差別を受けたと思っているものは少ないと思われます。このような子どもたちと同和教育推進教員が、被差別部落の方々の家を訪ね、あるいは子ども会の学習の場に来ていただいて語ってもらった「語り」をまとめたのが、この本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文字を奪われて(汽車、海のはた走ってる
  • 28歳の手習い
  • たった2週間の小学校
  • この道通っちゃいけねえ
  • 差別をはねのけて
  • おれだって人間だ)
  • いじめぬかれても(泣き免状
  • エンピツじゃ惑わされね
  • おらあ、がまんできねえ
  • 長ぐつの遠足
  • なに、ゾウリ?
  • 席がえ
  • わしらは、へこたれん
  • 土下座した父ちゃん
  • 3月生まれにしてくんねえ
  • めんぱもって
  • まけてたまるか
  • なぜ差別されるのか)
  • 解放へ向って(おとうとの友だち
  • 自分から言えるように
  • わたしをかえた一言
  • おめえ、先にへえれや
  • 行きたかった上の学校
  • 響け捨五郎太鼓
  • まつり太鼓を背負わされて
  • 新聞読めるかい
  • 看板を避けて
  • 逃げたら行くとこ なくなっちゃう
  • おれたちの神楽を
  • 大水がでたとき
  • とりあげばあさんのこと
  • かしゃっぱとり
  • リュウキュウとぞうり
  • まっ赤なりんご)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風雪の叫び : 被差別部落の古老(せんぱい)に学ぶ
著作者等 長野県同和教育推進教員の会
書名ヨミ フウセツノサケビ : ヒサベツブラクノセンパイニマナブ
出版元 解放出版社
刊行年月 1986.12.5
ページ数 304p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想