提督・米内光政の生涯  下

豊田 穣【著】

日中戦争、三国同盟、東条下ろし、そして終戦工作と、昭和史をゆさぶった重大ポイントで、米内光政はさりげなく力を発揮している。幼少時代の辛酸に耐え、海軍軍人となっては時代の暴風に耐え、日本の進路を救うことの多かった彼の一生を、評伝小説のベテランが、詳細綿密に描き上げた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 19 生い立ち
  • 20 艦隊と外地勤務
  • 21 総理・米内光政
  • 22 米内内閣以後
  • 23 開戦と山本五十六の死
  • 24 東条を倒せ
  • 25 終戦への胎動
  • 26 鈴木内閣と終戦工作
  • 27 バッゲ工作とダレス工作
  • 28日本敗れたり
  • 29 帝国海軍葬儀委員長

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 提督・米内光政の生涯
著作者等 豊田 穣
書名ヨミ テイトクヨナイミツマサノシヨウガイ : ゲ
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1986.12.15
ページ数 306p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4061838857
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想