カラーアトラス5510 : 世界慣用色名色域辞典

城 一夫【編著】〔ジョウ カズオ〕

色は、私たちの生活に不可欠なものとして、古くからさまざまなかたちで、私たちとかかわりあってきた。色を識別するために、色名をつけ、権威をもたせ、さまざまな象徴として使ってきた。人々が慣用的につけた色名であればあるほど、その背後に色名をつけた人たちの、社会や人生の喜びや悲しみまで、色名は引きずっているのである。本書は世界各国で、慣用的に用いられた色名を、その由来を探りながら、出来るだけ数多く網羅し、その彼我の色域の違いなどを明らかにしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 色の歴史(原始と色彩
  • 文化圏における色と形
  • 白と緑と青と黄金の国-エジプト
  • 色と形-ギリシャ・ローマ
  • 聖書と色彩
  • 陰陽五行説と色彩
  • ビザンチン帝国の色彩
  • 中世の色と象徴
  • 社会階級を表す色彩
  • 占星術の色
  • ルネッサンスの色彩
  • バロックの色彩
  • ロココの色彩
  • ニュートンとゲーテの色彩理論
  • 天然染料から合成染料へ
  • リアリズム絵画-現実との距離
  • 世紀末は黄色の時代
  • 白と黒の世紀末
  • 今世紀の色彩)
  • 色相の意味と文化
  • 慣用色名解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラーアトラス5510 : 世界慣用色名色域辞典
著作者等 城 一夫
書名ヨミ カラ-アトラス5510 : セカイカンヨウシヨクメイシヨクイキジテン
出版元 光村推古書院
刊行年月 1986.11.27
ページ数 2冊
大きさ 35cm
ISBN 4838100884
NCID BN00851717
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想