ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデ 愛の歌

ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデ【著】<Walther von der Vogelweide>;山田 泰完【訳著】

「ミンネザング」という、文学史上稀有の現象のことをいくばくか知ったとして、その歴史的一回性を繰り返し痛感させる詩作品を全く違う時代状況の中に、しかも異る言語の中に移しかえることは不可能といっていいでしょう。この選集において原文に付した日本語訳はいわゆる対訳であって、中高ドイツ語の学習者が注を使って多少とも原文に近づくための補助手段に過ぎません。歴史状況の把握、解釈史の検討等この対訳本の範囲を越える部分については、学習者自らがそれぞれの段階での注を作製しながら、これを補って行くことが必要になるでしょう。それは詩、言語だけに関わらない文化的状況についての、あるいは社会的状況についての深まりゆく理解に基づく注であって、これが学習者の中世学的理解そのものを表示するものになるでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本文(初期の歌
  • 遍歴時代
  • 新しい愛への道
  • 乙女の歌
  • 高い「女性」の歌
  • 後期の歌
  • ライヒ)
  • 解説(詩人
  • 韻律
  • メロディー
  • 写本・テキスト・翻訳等
  • 年表)
  • ミンネイデオロギーとヴァルター-あとがきに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデ 愛の歌
著作者等 山田 泰完
ヴァルター・フォン・デァ・フォーゲルヴァイデ
書名ヨミ ヴアルタ-フオンデアフオ-ゲルヴアイデアイノウタ
出版元 大学書林
刊行年月 1986.11.30
ページ数 215p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想