日産の社員・販売店・部品会社が大量整理される日

安藤 政秀【著】〔アンドウ マサヒデ〕

昭和61年10月の国内乗用車販売で、トヨタ自動車が販売台数の53.2%を占め、日産自動車は20%を切る19.5%に後退した。急激な円高で日産は弱った。一方トヨタは、積年の蓄財を背景に強力な圧力をかけて国内市場を圧倒したのであった。また欧州市場で日本車1位の座を保ってきた日産が、さらに英国日産で水をあけようという計画であるが、トヨタの猛追にあって市場を食われているのが現実である。世界自動車戦争の渦中で揺れる日産の実像をレポートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ホンダ、マツダが日産を食う日
  • 2章 車が売れない!日産系販売会社の転落
  • 3章 大量出向・整理される日産社員の悲劇
  • 4章 デザイン、CFづくり-日産車のここがダメ
  • 5章 「日産の時代はこれからだ」
  • 6章打ち砕かれる欧州市場制覇の野望
  • 7章 GMの対トヨタ戦略に利用される日産
  • 8章 "日産系部品メーカー大量倒産"の危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日産の社員・販売店・部品会社が大量整理される日
著作者等 安藤 政秀
書名ヨミ ニツサンノシヤインハンバイテンブヒンガイシヤガタイリヨウセイリサレルヒ
出版元 あっぷる出版社
刊行年月 1986.12.20
ページ数 187p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 487177029X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想