恐るべし野村証券の野望

板垣 英憲【著】

証券業界の巨大なモンスター、野村証券が、いま、世界制覇というとてつもなく大きな野望を実現しようとして、海外での営業展開に乗り出している。日本においては、これまでのライバルであった大和、山一、日興の各大手証券会社は、もはや、野村証券の眼中にはない。野村証券は、単なる証券会社の境遇には、満足していない。最大の夢は、世界を相手にした銀行に生まれ変わることである。敵は、米国、英国、ドイツなどの銀行であり、証券会社である。そこで、本書では、この恐るべき野村証券の世界戦略の野望と欲望の実体に鋭く迫ってみた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ライバルもビックリの研修システムの中身
  • 2章 相場をリードする手口と住友追撃作戦
  • 3章 大和・山一・日興が情報戦争で野村に勝てない秘密
  • 4章 なぜ野村は自ら証券界の秩序を破壊するのか
  • 5章 野村流・3倍働く組織再編の研究
  • 6章 外国証券と野村の戦い
  • 7章 他社を尻目に海外で独走の秘密
  • 8章 野村の子会社戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐るべし野村証券の野望
著作者等 板垣 英憲
書名ヨミ オソルベシノムラシヨウケンノヤボウ
出版元 エール出版社
刊行年月 1986.12.25
ページ数 190p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想