山上の説教;ピリピ人への手紙

トゥルナイゼン エドゥアルト【著】<Thurneysen Eduard>;蓮見 和男;池永 倫明【訳】〔イケナガ トモアキ〕

山上の説教は、いつも危機的な状況の中で問題とされてきた。今日、核戦争の脅威の中で、ドイツでは、山上の説教がもう一度新たに問いなおされている。いつの時代にも、山上の説教を安易な理想主義や道徳主義に解釈したり、反対に私たちに関係のない高みに追いやる危険はつきものである。本書は、このような危険の中で、正しいキリスト論的読み方を、時代の教会的危急の中で示したものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山上の説教;ピリピ人への手紙
著作者等 Thurneysen, Eduard
池永 倫明
蓮見 和男
トゥルナイゼン エドゥアルト
書名ヨミ サンジヨウノセツキヨウ@ピリピジンヘノテガミ
シリーズ名 トゥルナイゼン著作集 第1巻
出版元 新教出版社
刊行年月 1986.12.5
ページ数 260p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01871866
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想