逃げ水  下

子母沢 寛【著】

清河八郎暗殺事件に巻き込まれ、一度は蟄居閉門の身だった高橋謙三郎泥舟も、やがて旧役に復帰、一方、京に残った近藤勇、土方歳三らは京都守護職会津藩の下で華々しく活躍し、一時の栄耀を見ていた。慶応2年、藩長同盟成り、この頃から幕府倒壊は加速度を増した。鳥羽伏見に惨敗、新選組は潰走し、江戸へ撤退した将軍慶喜に、泥舟は恭順を説いた…。徳川幕府の最期を描く名作時代長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逃げ水
著作者等 子母沢 寛
書名ヨミ ニゲミズ : シタ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1986.12.15
ページ数 442p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195981999
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想