哲学の歴史  3 (中世・ルネサンスの哲学)

エミール・ブレイエ 著 ; 渡辺義雄 訳

ボエティウスからモンテーニュまで。トマス・アクィナスを頂点とする中世とルネサンスの思想の流れを、アラビアの神学までも含めてたどる古代・中世哲学史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世の始まり(理性と信仰
  • ヨハネス・スコトゥス・エリウゲナ)
  • 第2章 10世紀および11世紀(トゥールのベランジェの論争
  • 聖アンセルムス)
  • 第3章12世紀(ヴィクトール派の神秘主義
  • アベラールの『倫理学』
  • リルのアランの神学)
  • 第4章 東方の哲学(回教の神学者たち
  • アリストテレスと新プラトン哲学の影響
  • 12世紀までのユダヤ哲学
  • ビザンティウムの哲学)
  • 第5章 13世紀(アリストテレスの著作の西洋への伝播
  • ドミニコ会とフランシスコ会の修道士たち
  • 聖トマス・アクイナス
  • ロージャー・ベーコン)
  • 第6章 14世紀(14、15世紀における大学
  • 名目論の始まり
  • 14世紀におけるドイツ神秘主義)
  • 第7章 ルネサンス(プラトン主義
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • モンテーニュ
  • モラリストと政治思想家)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の歴史
著作者等 Bréhier, Emile
Bréhier, Émile François Désiré
渡辺 義雄
ブレイエ エミール
書名ヨミ テツガク ノ レキシ
書名別名 Histoire de la philosophie

中世・ルネサンスの哲学

Tetsugaku no rekishi
巻冊次 3 (中世・ルネサンスの哲学)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.11
ページ数 356, 33p
大きさ 20cm
ISBN 4480308032
NCID BN00743204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87010746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想