浅草弾左衛門  第2部 幕末躍動篇

塩見 鮮一郎【著】〔シオミ センイチロウ〕

武州越生の鼻緒争動は、落着したものの、ペリー来航を契機に世相は混沌をきわめる。その中にあって直樹は被差別民の身分引上を画し、ために長州征討に500の壮丁と共に大坂に出掛け、摂津渡辺村の豪商大鼓屋又兵衛などの協力を仰ぐ。だが時すでに遅く、幕府軍は敗退し、江戸浅草にもどった直樹は、奥医師松本良順を通して将軍慶喜に身分解放を願い出る。住吉村から江戸に出てきた小太郎、直樹の生涯は、いま、そのクライマックスをきわめようとする。関八州穢多頭、弾左衛門直樹の波乱の生涯。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浅草弾左衛門
著作者等 塩見 鮮一郎
書名ヨミ アサクサダンサエイモン : 2-バクマツヤクドウヘン
巻冊次 第2部 幕末躍動篇
出版元 批評社
刊行年月 1986.11.25
ページ数 511p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想