膵癌の診断と治療 最近の進歩

消化器外科セミナー編集委員会【編】

[目次]

  • 膵癌の特性
  • 膵癌の予後は改善しているか
  • 小型膵癌の臨床病理
  • 膵癌の発生と組織学的進展様式
  • 膵癌の新しい腫瘍マーカー
  • 血中膵酵素・酵素インヒビターの変動と膵癌の診断
  • 小膵癌の診断と予後
  • 膵癌の画像診断
  • 直接(選択的)膵静脈造影による膵癌の早期診断
  • 膵癌の手術適応と術式の選択
  • 膵全摘術の適応と問題点
  • 膵癌拡大手術の術式と成績
  • 膵癌切除後の生理的再建法
  • 膵癌の局所化学療法
  • 膵癌の化学療法と成績
  • 膵癌の集学的治療
  • 膵癌の温熱治療
  • 再発形式からみた膵癌治療のあり方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 膵癌の診断と治療 最近の進歩
著作者等 消化器外科セミナー編集委員会
書名ヨミ スイガンノシンダントチリヨウサイキンノシンポ
シリーズ名 消化器外科セミナー 25
出版元 へるす出版
刊行年月 1986.11.20
ページ数 304p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想