人間のはなし  3

佐藤 方彦【編著】〔サトウ マサヒコ〕

人間は人間にとって最高の謎であるといわれております。この謎について考え、想いを巡らすことは誰しも興味深いことではないでしょうか。本書は私たちが、音響学、人間工学、哲学、生物学、機械工学、衛生学、産業医学、健康科学、電子工学、解剖学、製品科学、生理人類学など、それぞれの領域での研究を通じてかいま見た人間像や人間性をご紹介したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 麻薬嗜好
  • 下愚は移らず
  • 人間の左右とその文化
  • 見ただけではものは見えない
  • 骨とヒステリー
  • 「老い」と幸福
  • 染色体とダウン症候群
  • ホモであること
  • 知能ロボットが行う音場の診断
  • ままならぬ肥満
  • 染色体とダウン症候群
  • 人間の未来〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間のはなし
著作者等 佐藤 方彦
書名ヨミ ニンゲンノハナシ : 3
巻冊次 3
出版元 技報堂出版
刊行年月 1986.11.20
ページ数 182p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4765543307
NCID BN01579977
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想