プロスタグランジン研究法  上

山本 尚三;鹿取 信【編】

プロスタグランジンはその関連物質を含めて、いまやステロイドと並ぶ規模の生理活性脂質群であります。専門家が長年かけて開発し習熟した実験技術の多くは、一編の解説を読んで直ちに使いこなせるようなものではありません。しかし、広い分野にわたる膨大な数の文献を、必要に応じて読みこなすには、そこで用いられた実験方法の原理と手法の概略を一通りは理解しておかなければなりませんし、またこのことは、他分野の研究者と協同研究で得たデータを、自分ながらに理解し評価しうるためにも必要なことです。本書は三段構えの構成になっております。最初に基礎的知識の解説があります。続いて、主な方法の一般的な解説と注意点の説明があり、最後に各論が並んでおります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 構造と物性
  • 生合成と代謝とその阻害薬
  • 生物活性と生理作用の概要
  • 病態生理
  • PAF
  • 一般的問題点
  • 抽出法と精製法
  • 薄層クロマトグラフィー
  • 液体クロマトグラフィー
  • 高速液体クロマトグラフィー
  • ガスクロマトグラフィー
  • マススペクトロメトリー
  • 放射免疫測定法
  • 酵素免疫測定法
  • バイオアッセイ
  • 化学的変換
  • 高速液体クロマトグラフィー
  • ガスクロマトグラフィー-質量分析
  • 免疫測定法
  • バイオアッセイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロスタグランジン研究法
著作者等 山本 尚三
鹿取 信
書名ヨミ プロスタグランジンケンキユウホウ : ジヨウ
巻冊次
出版元 東京化学同人
刊行年月 1986.11.10
ページ数 253p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4807913050
NCID BN01283369
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想