ほとけさまと子どもたち : 私の子育て論・福祉論

荒崎 良徳【著】〔アラサキ リョウトク〕

民生児童委員として、なすべき事は数多くあるが、その中でも「児童福祉」に関する仕事は大きい。この本はねらいを「児童福祉」に絞り、その真の在り方を、余すところなく書き尽くしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 荒れているのは
  • ヒデ子とミチ子
  • 謹慎
  • ねんどのこと
  • 今を生きる
  • 養護施設
  • 観の目
  • 合掌を忘れたとき
  • 念ずれば花ひらく
  • ボランティア
  • 婆ちゃん子
  • 泊りこみ
  • いじめ
  • 美しい人
  • 父を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほとけさまと子どもたち : 私の子育て論・福祉論
著作者等 荒崎 良徳
書名ヨミ ホトケサマトコドモタチ : ワタクシノコソダテロンフクシロン
出版元 水書房
刊行年月 1986.11.15
ページ数 137p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想