田村藍水・西湖公用日記

草野 冴子;藤田 覚【校訂】

本書は、田村藍水が幕府に登用された宝暦13年12月より、長子西湖の代の寛政3年正月迄の公用日記です。本冊には、平賀源内の師であり、本草学者としても著名な藍水が、田沼章次主導のもとに、人参会所創設にあずかり、人参製法や火完布香敷・薬草・綿羊など殖産興業上、興味をひく史料が豊富に記載されています。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田村藍水・西湖公用日記
著作者等 田村 西湖
田村 藍水
草野 冴子
藤田 覚
書名ヨミ タムラランスイセイココウヨウニツキ
シリーズ名 史料纂集 古記録編 79
出版元 続群書類従完成会
刊行年月 1986.11.10
ページ数 313p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN00657408
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想