感覚の近未来 : 浮遊するポストモダン

浦 達也〔ウラ タツヤ〕;松村 洋〔マツムラ ヒロシ〕;宇佐美 亘【著】〔ウサミ ワタル〕

ポストモダンとは単にモダンの後に来るものではない。それはモダンの言語で捉えきれない多形倒錯的・ハイブリッドなイメージ。30の新鮮なキーワードを手掛りに<未来からの記憶>を呼び戻し、人間と機械の涼やかな関係としてポストモダンの感性を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 遠ざかる他者-虚しい孤立感から心地良い個立感へ
  • 2 意識は踊る-軽やかなステップでニューワールドへ
  • 3 メディア・フィールドの冒険-情報と感覚のデス・マッチ
  • 4 マシン感覚の快楽-ハイテック・エイジの機械は愉快

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚の近未来 : 浮遊するポストモダン
著作者等 宇佐美 亘
松村 洋
浦 達也
書名ヨミ カンカクノキンミライ : フユウスルポストモダン
シリーズ名 ワードマップシリーズ
出版元 新曜社
刊行年月 1986.11.20
ページ数 205p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想