絵島疑獄  下

杉本 苑子【著】

お忍びの芝居見物にワナが仕掛けられてあったとは…。わが世の春に酔い重職にありながら、水面下に繰り広げられた派閥抗争に気付かなかったとは…。「永遠流ですら罪が軽い」とまで思い詰める絵島の痛切な心情を、荒涼とした遠流の地、高遠に描く。"犠牲はいつの世も弱い者に"憤りが伝わる著者会心の作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵島疑獄
著作者等 杉本 苑子
書名ヨミ エジマギゴク : ゲ
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1986.11.15
ページ数 363p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4061838687
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想