振りかえるのはまだ早い : 女の自叙伝

杉村 春子【著】

芸者の子に生まれ、数日後に他家へ貰われていった生いたち。女優への夢、2人の夫との愛と死別。戦争のさなかでの劇作家森本薫との宿命的な恋と別れ。文学座の分裂事件などをめぐって、今だから話せる、昭和の新劇史とともに生きた女優の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 藁の上から芝居見物に連れていかれた
  • 第2章受験失敗ののち憧の女優の卵へ
  • 第3章 夢いっぱいの女優はいつも貧乏が道連れ
  • 第4章 芝居と夫の看病に明け暮れた日々
  • 第5章 『女の一生』への熱い想い
  • 第6章 難病紫斑性ロイマチスにかかる
  • 第7章 大量脱退と『喜びの琴』事件をめぐって
  • 第8章 芝居と中国旅行
  • 第9章 幸福も不幸も『女の一生』に似て
  • 第10章 客席と舞台が一つになる瞬間を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 振りかえるのはまだ早い : 女の自叙伝
著作者等 杉村 春子
書名ヨミ フリカエルノハマダハヤイ : オンナノジジヨデン
出版元 婦人画報社
刊行年月 1986.12.25
ページ数 213p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想