近代ジャーナリスト列伝 : 天馬の如く  下

三好 徹【著】

論説の後退と報道の重視という大きな流れ、そして強まる軍部の圧力。幸徳秋水、杉村楚人冠、徳富蘇峰、緒方竹虎、桐生悠々ら、動乱の時代に模索し苦闘する大正・昭和の新聞人の苛烈な生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第10章 道に幸あり
  • 第11章 「平民新聞」の人びと
  • 第12章 冬の時代
  • 第13章 一管の筆
  • 第14章白虹事件
  • 第15章 特ダネの時代
  • 第16章 大正から昭和へ
  • 第17章 動乱の時代
  • 第18章 最後の論説記者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ジャーナリスト列伝 : 天馬の如く
著作者等 三好 徹
書名ヨミ キンダイジヤ-ナリストレツデン : テンマノゴトク : ゲ
シリーズ名 中公文庫
巻冊次
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.11.10
ページ数 421p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4122013720
NCID BN04953741
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想