戦後40年

高橋 三郎【著】

戦後40年の総括は、日本の侵略戦争の犠牲になって死んだ無数の人々の呻きに、われわれ日本人がどう応えたか、どう応えようとしているか、という問題である。あの悲惨な戦争をひき起こしたものとして、われわれ日本人は左に揺れ右に揺れ、多くの試行錯誤を繰りかえしてきたが、いちばん大事なことを怠ってきたのではないだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神の国の福音(国会祈祷会講話)
  • 2 戦後40年(東京クリスマス講演)
  • 3 始めと終り(大阪クリスマス講演)
  • 4 家庭・教育・職業(青森講演)
  • 5 老人の信仰(松丘保養園講演)
  • 6 年若き女性に望む(看護学校講話)
  • 7 天皇の在位60年に寄せて
  • 8 岩島先生の信仰の特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後40年
著作者等 高橋 三郎
書名ヨミ センゴヨンジユウネン
出版元 教文館
刊行年月 1986.10.20
ページ数 182p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想