中国還魂紀行(ちゅうごくかんこんきこう)

庄 幸司郎【著】〔ショウ コウシロウ〕

[目次]

  • 出発まで-私と中国との関係について
  • 38年ぶりの中国
  • 人口問題・性・厠所(ツースオ)
  • 松花江(スンガリー)と修学旅行の思い出の町、哈尓浜(ハルピン)
  • 侵略者の子弟の哈尓浜再訪
  • 昔は、そして今は
  • 「五族協和」と「王道楽土」の根拠地にて
  • 幼少時の10年を過ごした懐かしい街、吉林
  • 吉林市での一夜-現在・過去
  • 雨の「豊満ダム万人坑」にて
  • 吉林から「引揚げ」の出発地、瀋陽へ
  • 瀋陽での再会
  • 「生体実験」の跡地にて
  • 終りのない旅-撫順・平頂山の骨たち
  • 再び中国で-上海・南京

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国還魂紀行(ちゅうごくかんこんきこう)
著作者等 庄 幸司郎
書名ヨミ チユウゴクカンコンキコウ
シリーズ名 双書 人間の航跡
出版元 影書房
刊行年月 1986.11.1
ページ数 230p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想