バチカンと解放の神学

マシア ホアン【著】<Masi'a Juan>

解放の神学を理解するために最良の書(朝日新聞)と評された前著(『解放の神学』)につづき、日本における解放の神学の意味を問う、注目の書。「メデジン文書」およびバチカン文書「自由の自覚」の全訳掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 解放か救いか
  • 第2章 楽観主義か悲観主義か
  • 第3章 社会活動か礼拝か
  • 第4章 教会と解放の神学
  • 第5章 キリスト者と社会正義
  • 対談 メデジン会議から18年…(山田経三
  • J・マシア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バチカンと解放の神学
著作者等 マシア ホアン
書名ヨミ バチカントカイホウノシンガク
出版元 南窓社
刊行年月 1986.10.30
ページ数 213p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想