円高歓迎論 : 日本経済はバラ色に

円高問題研究会【編】

円高は歓迎である。日本経済はその時々の状況に柔軟に対応して成長してきた。円高時代を当然のこととして受け止め、これをバネにして変身した時、日本経済の前には新たな領域が広がる。現在進行しているのは円高不況でなく、円高革命なのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 円高はステキだ!
  • 2章 円高万歳!我も我もと多国籍企業に
  • 3章 浮く産業・沈む産業の未来予測
  • 4章 物価と生活はどうなるか
  • 5章 この円高、どこまで進むのか
  • 6章 円高対策、これでいいのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円高歓迎論 : 日本経済はバラ色に
著作者等 円高問題研究会
書名ヨミ エンダカカンゲイロン : ニホンケイザイハバライロニ
出版元 エール出版社
刊行年月 1986.11.25
ページ数 188p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想