仏教の歩んだ道

石上 善応【編著】

日本人は仏教をどう受けとめてきたか、各時代の受容と発展の姿を浮きぼりにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文化の接触と受容
  • 2 国を護る仏教
  • 3 さとりから救いへ
  • 4 救済から葬送へ
  • 5 仏教統制
  • 6 仏教の世俗化
  • 7 近代における仏教
  • 8 仏教と他宗教との対応
  • 9 仏教と日本文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教の歩んだ道
著作者等 奈良 康明
岡部 和雄
石上 善應
石上 善応
書名ヨミ ブツキヨウノアユンダミチ
シリーズ名 日本人の仏教 2
出版元 東京書籍
刊行年月 1986.10.14
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN04550086
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想