太宰治 : その風土

小野 正文【著】

大宰文学の理解には、津軽の風土を理解することが不可欠である。友人として、津軽の住人として、つぶさに津軽を識る著者は、敬愛と慈しみをもって太宰文学を詳らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 太宰治の文学
  • 太宰治の出生と「家」
  • 「走れメロス」の快感
  • 『蜃気楼』細目
  • ふるさとを背負って
  • 「走れメロス」の典拠
  • 太宰治と「津軽」
  • 太宰治とその風土
  • 「虚構の春」の構成と背景
  • 太宰治の中の津軽-「善蔵を思ふ」から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治 : その風土
著作者等 小野 正文
書名ヨミ ダザイオサム : ソノフウド
出版元 洋々社
刊行年月 1986.11.1
ページ数 238p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想