共同主観性の現象学

広松 渉;増山 真緒子【著】〔マシヤマ マオコ〕

「哲学」と「心理学」との共同作業!発達心理学の最新知見を踏まえ、<共同主観性>の成立機序を究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 共同主観性の発生論的基柢(生理学的内‐存在と知覚‐行動
  • 現相的分節野と「表情性感得」
  • 共振的振動系と情動反応
  • 「本具的解発」と生理的機構)
  • 第2部 共同主観性の発生論的機序(知覚形象の間主体的性格
  • 情動の場と共同主観的認知発生の機序
  • 情動の場と記号の発生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共同主観性の現象学
著作者等 増山 真緒子
広松 渉
書名ヨミ キヨウドウシユカンセイノゲンシヨウガク
シリーズ名 叢書・フエノメノロギカ 3
出版元 世界書院
刊行年月 1986.10.30
ページ数 328p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想