花僧  下

沢田 ふじ子【著】

修験の旅をつづける師明蓮坊は吉野の奥山にいた。かけつけた太郎丸はともに磨崖仏を刻んだ。学恵に花僧への志を告げて新参僧となった彼は、やがて立花の真髄をきわめ、法院となる。華道池坊を隆盛に導いた創始者専応の生涯を動乱の世の中に描く歴史大作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花僧
著作者等 沢田 ふじ子
書名ヨミ カソウ : ゲ
巻冊次
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.10.20
ページ数 243p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4120015238
NCID BA35533793
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想