法哲学と社会哲学

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 法律学の学問性とレトレック(植松秀雄)
  • ヴェーバー社会理論における「合理性」の再検討-ニクラス・ルーマンとユルゲン・ハーバマスのヴェーバー批判を通して(吉田勇)
  • ヘーゲルのイェーナ期実践哲学-L・ジープの検討を通じて(筏津安恕)
  • 自然権論と功利主義-R・M・ヘアーの理論をめぐって(平野仁彦)
  • レトリック・共通論拠・概念分割-Ch.ペレルマン理論における自己関係性(小畑清剛)
  • 「存在」・「当為」・義務論理(高橋文彦)
  • 「法・道徳・社会の統一」(斎藤秀夫)
  • 倫理的真理について-伝統的自然法論の立場から(山田秀)
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法哲学と社会哲学
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ ホウテツガクトシヤカイテツガク
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.10.20
ページ数 205p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641026637
ISSN 03872890
NCID BN01096598
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想