第3の家畜 実験動物 : ライフサイエンスの進展に対応した実験動物産業基盤の確立

農林水産省畜産局家畜生産課【監修】

本書には、実験動物の畜産に占める位置、特殊性、種類、生産、利用のみならず、実験動物の未来像、アップツーデートな関係資料など、さまざまな内容が盛り込まれており、各分野、立場の方々の実験動物に対する理解を深めていくうえでその一助となるものと期待されます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新しい畜産としての実験動物産業
  • 2 実験動物とは
  • 3 実験動物のプロファイル
  • 4 実験動物の飼育と管理
  • 5 実験動物の生産と供給
  • 7 21世紀の実験動物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第3の家畜 実験動物 : ライフサイエンスの進展に対応した実験動物産業基盤の確立
著作者等 農林水産省畜産局家畜生産課
書名ヨミ ダイサンノカチク ジツケンドウブツ : ライフサイエンスノシンテンニタイオウシタジツケンドウブツサンギヨウキホンノカクリツ
出版元 地球社
刊行年月 1986.10.20
ページ数 231p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想