消化器病学の進歩  '85

太田 康幸【ほか編】

[目次]

  • 第1章 肝(肝研究最近の進歩
  • 肝区域
  • 肝細胞培養の基礎と応用
  • 肝硬変の合併症)
  • 第2章 消化管(消化管研究最近の進歩
  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬のもたらした諸問題
  • 腸疾患の栄養管理
  • パイエル板の機能と病態)
  • 第3章 胆・膵(胆・膵研究最近の進歩
  • 胆嚢癌の早期診断
  • 無症状胆石と無石胆嚢炎
  • 膵管胆道合流異常
  • 急性膵炎の診断と治療の問題点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化器病学の進歩
著作者等 太田 康幸
書名ヨミ シヨウカキビヨウガクノシンポ : '85
巻冊次 '85
出版元 日本医学館
刊行年月 1986.9.16
ページ数 333p
大きさ 26cm(B5)
NCID BN00707561
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想