如月剣士  下

五味 康祐【著】

将軍職継承問題に端を発した尾張藩津田兵部らの陰謀は熾烈をきわめた。老中水野和泉守らは奸商備前屋と天下擾乱の密議を重ねる。陰謀渦巻く大江戸の武家屋敷街には辻斬が横行。無頼の剣士高田左近は片腕ながら剣の達人。五ツ目小僧と共に不穏な状勢一掃に立上る。その頃、大名屋敷に謎の剣士が出没、片眼にかけた刀の鍔の眼帯には「如月之剣」と刻まれていた。金象嵌の鍔に秘められた使命は?名作時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 如月剣士
著作者等 五味 康祐
書名ヨミ キサラギケンシ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1986.10.15
ページ数 407p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195981573
NCID BN13988077
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想