他山の石 : ドイツ人の見た日本の教育と産業

ゼール ヴォルフガング【著】;山中 信之【訳】

本書における日本の教育制度、及びその精神的、社会的基盤の分析は、外から見た、簡にして要を得た描写で、日本の読者にも、教育の伝統や、その状況について、自身で判断するにあたって、新しいアスペクトを与えるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弁明者と評論家
  • 日本の生活の精神的社会的基盤
  • ハーモニーとコンセンサスへの努力
  • 美意識
  • グループ
  • 個性は一体どこに
  • 外国人に
  • 模倣者としての日本人
  • 旅行・レジャー
  • 教育制度
  • 有意義な文教政策
  • 新憲法
  • 公務員の質-国家の下僕
  • 政治的コンセンサス
  • 「官僚的封建主義」?
  • 厳しい競争の中の経済 資源のない国
  • 汝、何処へ行く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他山の石 : ドイツ人の見た日本の教育と産業
著作者等 Seel, Wolfgang
山中 信之
ゼール ヴォルフガング
書名ヨミ タザンノイシ : ドイツジンノミタニホンノキヨウイクトサンギヨウ
出版元 大学教育社
桜楓社
刊行年月 1986.9.20
ページ数 124p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4924376051
NCID BN05369138
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想