室謙二 ワープロ術 : キーボード文章読本

室 謙二【著】

ワードプロセッサーは、たんなる清書機械ではない。コンピュータという最新テクノロジーと日本語という文化伝統との出会いから生まれた「電子エンピツ」なのだ。この道具を使いこなすための基礎知識と、その応用について、コンピュータとワープロを駆使して仕事をしてきた著者が、わかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語がコンピュータに出会った
  • 2 ワープロは新しい鉛筆である
  • 3 もうひと押し、キーボードを研究してみよう
  • 4 電子編集術の基本を頭にたたきこむ
  • 5 キーボード文体の第一世代として
  • 6 スピードと即興の文章術
  • 7 目次と断片アイディアによる文章術
  • 8 ワープロ症候群は新しい病気である
  • 9 あなたのデスクが小さな出版社になる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 室謙二 ワープロ術 : キーボード文章読本
著作者等 室 謙二
書名ヨミ ムロケンジワ-プロジユツ : キ-ボ-ドブンシヨウドクホン
シリーズ名 シリーズ日常術 4
出版元 晶文社
刊行年月 1986.9.30
ページ数 117p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4794928041
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想