女(わたし)からの旅立ち : 新しい他者との共生へ

やぎ みね【著】

<女>である私は、どこから来て、どこへ行こうとしているのでしょうか。不明分な私=女を深いところで見つめさせてくれたのが障害者と呼ばれる人たちとの出会いでした。その時、私=女と障害者との背後で共通していたのは<差別>という社会関係を歪めるシステムだったのです。そこで私は、今は壊されている人と人との関係性の組替えを私なりに模索し、「新しい他者」との共生を探し求めたいと願いました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 障害者と私自身の自立へ
  • 2章 女性障害者の自立と結婚・出産
  • 3章 「共に」生きる教育
  • 4章 障害児・者をめぐる現実
  • 5章 母子保健法改「正」策動の意図
  • 6章 「共生」の関係性を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女(わたし)からの旅立ち : 新しい他者との共生へ
著作者等 やぎ みね
書名ヨミ ワタシカラノタビダチ : シンシイタシヤトノキヨウセイヘ
出版元 批評社
刊行年月 1986.9.25
ページ数 247p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN00800374
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想