女が賭けるとき : あぶれた野郎  下

富島 健夫【著】

南国・九州での女性遍歴のはて、小倉で目の不自由ななおみと知りあった英助はその清純さに惹かれ、結婚を誓う。だがそれも一時の気まぐれで、帰京した英助は再びもとの享楽的な生活に溺れていった。そんな英助の身にふりかかってきたのは、女達の手痛い裏切りだった。性に溺れた男のほろ苦い哀感を描いた官能長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女が賭けるとき : あぶれた野郎
著作者等 富島 健夫
書名ヨミ オンナガカケルトキ : アブレタヤロウ : ゲ
シリーズ名 ケイブンシャ文庫
巻冊次
出版元 勁文社
刊行年月 1986.10.15
ページ数 383p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4766903099
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想