長く熱い復讐(ころし)  下

大薮 春彦【著】

ある国家機関の特務に就いていた鷲尾進は、暴力団との激烈な闘いの末に銃弾を頭部に受け、頻死の重傷を負った。命はとりとめたものの記憶を喪失した鷲尾は、機関の擁護もなく殺人罪を問われ終身犯として刑務所へ送られた。三年後、彼は囚人達を率いて暴動を起こし脱獄を成功させる。だが彼は巷で、あまりにも酷い過去を知る。妻を凌辱したうえ惨殺し、その挙句に殺人罪の汚名を着せた、かつての敵を知るのである。血喘ぎ、魂が咆哮した。壮絶なまでの血ぬられた復讐劇が幕をあけたのだ。これは人間の生を捉えた、紛れようもない、大薮文学の輝ける金字塔である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長く熱い復讐(ころし)
著作者等 大藪 春彦
書名ヨミ ナガクアツイコロシ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1986.9.25
ページ数 373p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041362628
NCID BN0251708X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想