雨はおびただしい水を吐いた

八木 忠栄【著】

最新詩集。雨はおびただしい水を吐き、おびただしい量の水に襲われている。雨かんむりやさんずい、それらが舟や性や街、つまり世界をつくっている…のだろうか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨はおびただしい水を吐いた
著作者等 八木 忠栄
書名ヨミ アメワオビタダシイミズオハイタ
出版元 花神社
刊行年月 1986.9.15
ページ数 101p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想