親猫物語

伊東 愛子【著】

猫はしゃべらない。時々なくだけで、連中は平素は静かなものだ(ごくたまに、なきどおしのもいるらしいけど…)。でも、親になると、これが違ってきてよくなく。姿を見せない子猫を呼ぶ親猫の声には思わず心を動かされ、仕事をほって子猫さがしのヘルパーと化す。好き勝手にすごす猫たちの折々の声は、脳裏に瞬時のタブロオを残して消える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 恋愛期
  • 受胎
  • 胎児成長期
  • 出産
  • 新生児期の親
  • 乳児期
  • 幼児期
  • 少年期の親
  • 猫物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親猫物語
著作者等 道端 良秀
伊東 愛子
書名ヨミ オヤネコモノガタリ
出版元 書苑
刊行年月 1986.9.15
ページ数 103p
大きさ 18cm
ISBN 4915125467
NCID BN02407015
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想