日本人の人生設計

端 信行【編】

[目次]

  • 問題提起 「家庭」=「社会」系の成立
  • 1 結婚(結婚風俗の変遷-「神前結婚」を中心に
  • 離婚を通してみた結婚の設計)
  • 2 親子(民俗としての親子-男子は父親に、女子は母親に
  • 子の不始末と親の責任)
  • 3 学校(人生の制度化-学校による日本人の生活の変化
  • 学習塾とカルチャー・センター)
  • 4 仕事(「職業の幻惑」
  • 仕事観の現在-言語表現を手がかりに)
  • 5 転機(現代日本人の人生に「転機」はあるか
  • 集団に転機はあるか-ブラジルにおける日系コロニアの変貌)
  • 6 財産(財産としての住宅
  • 家計と人生設計)
  • 7 老後(老後の設計
  • 新隠居論)
  • 8 総括討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の人生設計
著作者等 端 信行
書名ヨミ ニホンジンノジンセイセツケイ
シリーズ名 現代日本文化における伝統と変容 2
出版元 ドメス出版
刊行年月 1986.8.25
ページ数 353p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想