英国ソーシャルワーク史 1950‐1975  下

ヤングハズバンド E.L.【著】<Younghusband Eileen>;本出 祐之【監訳】〔ホンデ ユウシ〕

[目次]

  • ソーシャルワーク教育の発展
  • 教育内容の変遷
  • カリキュラム計画、教授法および有資格者コース
  • 実習および実習教育
  • 現任研修と職員能力開発
  • ソーシャルワーク教育への貢献
  • 1960年代における諸研修協議会の特徴、シーボーム報告書の研修に関する勧告、および初期の中央ソーシャルワーク教育研修協議会
  • ケースワークの理論と実践における諸変化、および集団とのソーシャルワーク
  • ケースワークに対する消費者の反応
  • ソーシャルワークは専門職になっていたか-価値と実践綱領
  • ソーシャルワークおよびソーシャル・リサーチ
  • ソーシャルワークの専門職団体
  • 居住施設ケアにおける機能と職員、および居住施設ケアの研修
  • ソーシャルワークおよび特定集団を対象とするホステル
  • ソーシャルワークと特別な問題をもつグループ
  • ソーシャルワークと家庭内暴力
  • 未婚の母に対するソーシャルワークおよび単親家庭
  • コミュニティ・ワーク
  • コミュニティ・ワークの研修
  • 青少年サービスおよびその研修
  • カウンセリングおよび教育福祉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国ソーシャルワーク史 1950‐1975
著作者等 本出 祐之
ヤングハズバンド E.L.
書名ヨミ エイコクソ-シヤルワ-クシ1950-1975 : ゲ
巻冊次
出版元 誠信書房
刊行年月 1986.8.20
ページ数 454p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想