蛇淫編 : 緋の禊  下

加堂 秀三【著】

グライダー事故で死んだ正剛の婚約者・紀子は、夜空を飛ぶ航空服や蛇、巫女の幻想に苦しみ続けた。一方、彼の妹・幸江は、「祟り」を恐れて失踪したが、思いがけず山中で何者かに捕われ、妖しい洞窟内の神殿で恥ずかしい禊を受け、苦悶のすえに死んでいった。やはり正剛の死は「祟り」と関係があるのか?悲劇の元凶は、呪われた「先祖の血」なのか?宿命に生きる、人間の業を見据えて構築した伝奇推理の完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蛇淫編 : 緋の禊
著作者等 加堂 秀三
書名ヨミ ダインヘン : ヒノミソギ : ゲ
シリーズ名 ノン・ポシェット
巻冊次
出版元 祥伝社
刊行年月 1986.9.1
ページ数 249p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4396320302
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想