手づくり電池

玉川 登美男【著】

この本は、電池の歴史をさかのぼる形で、一つひとつ説きほぐすように、電気とは何かを考えさせてくれます。レモン電池、野菜電池など、楽しく作ったり実験したりしてみると、今から200年近く前に、ボルタやガルバーニなどのやった実験と同じことがわかります。そして、電解質の液体の中に2本の金属を入れて電気を取り出すという原理は、実にかんたんなものであることがわかります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • レモン電池をつくろう
  • レモン電池で遊ぼう
  • 身近なもので電池づくりに挑戦する
  • マンガン電池を作る
  • いろいろな電池
  • 電池を利用する
  • 乾電池チェッカーを作る
  • 電池の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手づくり電池
著作者等 玉川 登美男
書名ヨミ テズクリデンチ
シリーズ名 たのしい手づくり教室 25
出版元 民衆社
刊行年月 1986.8.15
ページ数 62p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想