こころの食卓 : 詩人のテーブル・マナー

松永 伍一【著】

日常のなかの小さな優しさ、母の愛、絵画や詩に触発された生きる喜び、そして大自然との交感-「こころ」を忘れた現代人に静かな声で語りかける珠玉のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鳥のように娘が飛びたつ
  • 子を産めば母になるか
  • おふくろは行方不明
  • 母が子を抱くとき
  • いのちの歌がきこえる
  • 森をいとしく思う日
  • 夏ごとの巡礼
  • 流れ星を掌で掬おう
  • 鴬の鳴く朝は…
  • 詩に照り返されて
  • 絵の裏のエロス
  • アンティークの声をきく
  • 慎ましさの魅力
  • 自然体ということ
  • 宇宙は遠くて近い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの食卓 : 詩人のテーブル・マナー
著作者等 松永 伍一
書名ヨミ ココロノシヨクタク : シジンノテ-ブルマナ-
シリーズ名 シリーズ人生論
銀河ブックス
出版元 大和書房
刊行年月 1986.8.30
ページ数 224p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4479180540
NCID BN07607000
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想